トリアの特徴と使用方法

トリアは家庭用レーザー脱毛器

トリアはケノンと人気を2分するほど評価のたかい家庭用脱毛器です、ケノンとの最大の違いはケノンはフラッシュ式脱毛器に対してトリアはレーザー脱毛器であること。レーザー脱毛器は美容皮膚科、美容外科など医療機関で取り扱うことが許可されており本来、家庭用脱毛器として販売することは出来ません。

トリアが販売されている理由は医療機関が定めた出力を下回っているので医療用機器ではないと言う理由で家庭用脱毛器として販売されています。医療用機器ではないトリアですが出力はケノンと較べても強くムダ毛、特にヒゲなど硬く太いムダ毛の処理に効果を発揮します。

トリアはレーザーをムダ毛の気になる部位へ照射し毛根を焼き切ります、メラニン色素に反応してレーザーが照射され根本に届き2週間前後でムダ毛が抜けていきます。

トリアの脱毛は痛いか?

トリアを使った脱毛は痛いと報告されるケースがありますが、トリアの脱毛が必ず痛いのかと言えばそうではありません。皮膚の強さやムダ毛の濃さなど個人差があり出力する光の強さも個人によって差があります。

実際にケノン、トリアの両方を使った感想として早くムダ毛が抜けたのはトリア、照射している時に肌にヒリヒリ感があったのもトリアでした。出力される光の強さで痛みや脱毛効果に差が出るとすればケノンよりトリアのほうが効果も高く痛み、ヒリヒリ感もあるのかもしれません。

トリアを使った脱毛でこれは痛いと感じたのはヒゲ脱毛、ケノンを使ったひげ脱毛では効果を実感できずトリアで再度チャレンジした結果、ひげ脱毛に成功しました。が、痛みもそれなりにあり初回は特に痛く感じましたがヒゲ脱毛は脱毛専門店でも痛くなる部位と聞いてましたので、ヒゲ脱毛を検討中の人はある程度の痛みはあると覚えておいたほうがよいでしょう。(痛みの感じ方には個人差があります)

脱毛後にヒゲの部位が赤くなる、ただれる、火傷になった場合は速やかに使用中止して病院で診てもらってください。その後も脱毛継続したい人は自分では行わずに脱毛エステ、脱毛サロンで専門スタッフと相談しながら進めるようにしてください。

 トリア使用方法

トリアの使用方法は至って簡単です。公式サイトでの使用方法を参考に説明します

  • 下準備をする。脱毛する部位のムダ毛を処理する、剃り終えたらタオルで水分を拭き取ること
  • トリアの出力レベルを調整する。トリアの出力レベルは5段階あるので自分にあったレベルに設定する、初めての人は低出力が良いでしょう。
  • 脱毛箇所のトリアを当てる。トリアを脱毛部位に当てて「ピッ」「プッ」という音が聞こえたら新しい部位にトリアを当てるを繰り返す。

たったこれだけの手順で脱毛完了です。他のフラッシュ式脱毛機と違い、ワックスを塗り、その上にワックスシートを貼り、光を照射する手間が省かれているので脱毛時間が短縮できるのもトリアの特徴です。

トリアは経済的な家庭用脱毛器

トリアの価格は機械単体だと他の家庭用脱毛器(フラッシュ式脱毛機)より若干高い設定となっています。しかし、購入後にかかるメンテナンス性や消耗品の交換などの費用まで考えるとトリアの方が長く使えば使うほどお得なことに気づくでしょう。まずトリアはケノンと違い消耗品交換がほとんどありません。ケノンでは脱毛専用シート、専用ワックスそして光を照射するためのカートリッジなど使用頻度により交換する必要があります。

トリアで交換が必要なものは内蔵されているリチウム電池ですが、これも充電式なのでリチウム電池の寿命が来るまで数年は交換する必要はありません。内蔵されているリチウム電池の充電回数は最大で約500回ほど。毎日、脱毛して毎日充電することは殆どありませんから余裕で1年2年は使いまわす事が可能です。

トリア脱毛器でのお手入れ頻度について

脱毛したい部位に対して最初の3ヶ月の期間で2週間に1回、それ以降では月1回程度の頻度で脱毛することを公式サイトではすすめています。初回の脱毛から2ヶ月から3ヶ月程度経過するとムダ毛の目立つ場所とそうでない場所の違いが表れるので2回めは同じ部位の脱毛でもムダ毛の見えてるとことを集中して行うのが良いでしょう。

脱毛後は一定の期間を空けるのが良いのですが他の部位でまだ脱毛をしていない箇所があればその期間中は別の脱毛部位のケアするなど全身をまんべんなく脱毛すれば待つ期間なく定期的な脱毛を継続できます。もちろん個人のペースでゆっくりと脱毛するのも問題ありません。あくまでも自分の無理にならないペースでの脱毛を楽しんでください。

トリア脱毛器の使用を控えたほうが良い人達

特に女性の方で妊娠中、授乳中の方にはトリア脱毛器の使用を公式サイトではすすめていません。妊娠中、出産後の期間は精神的、肉体的にも疲労が溜まりやすい時期で肌も荒れやすい時期です。トリアはレーザー脱毛式なので肌が弱っている時期の人は使用を控えたほうがよいでしょう。体力も回復し肌荒れも収まったころでも不安な人は美容皮膚科で診断をうけて許可を得てから脱毛を開始してください。

 

 

公開日: